ITソリューション事業

用語解説

.NET

フレームワーク、プログラム。
WindowsMXから.NETが標準で搭載されている。
Javaに対抗して作られたMicrosoftが開発したシステム基盤
このシステム基盤で.NET用にコンパイルされたソフトが動く
通常のソフトはOSの上で動くが、
.NET用に作られたソフトは、
OS(Windows等)の上にシステム基盤(.NET)が乗っておりその上で、ソフトが動く。 プログラムは多種の言語での開発が可能。

Access

Microsoftのソフトウエア
Microsoftデータベースである、低機能のMicrosoft Jetと、
データ管理部分と、
データ管理部分のGUIを自由に設定できるVisual Basic機能から成り立つ。
Visual BasicはマイクロソフトがBasicというプログラム言語を元に開発したプログラム言語。
また、AccessのデータベースはJet以外でも(対応していれば)読み込んで使用できる。

API

ソフトウエアなどを開発する際、何もないところからプログラムを書き始めるととんでもない製作日数になる上、 開発時のテスト詩化していないため、どのような不具合や意図したものと違う動作をしたりするのか予想するのは困難で、実質不可能である。
そこで、いろいろなプログラムに使用できる機能をミドルウェアやソフトウエア、またOSの一部として提供することにより、 プログラマーは、その機能を呼び出し、どのように使うのか命令するプログラムを書くだけでその機能を実現できる。

C++

プログラム言語。
Windows等のプログラムの多くはこの言語かCでできている。
Cをオブジェクト指向化したもので、大人数で大規模開発に向いている。
これで作ったプログラムはとにかく動作が速い。
最近はWindowsでは.Netというプログラムも普及してきている。

GUI

グラフィカルユーザーインターフェイス。
コマンド(文字だけでPCを操作する)ではなく、アイコン、ウィンドウなどの画像を多用してソフトウエアなどの操作を行う。
その表示方法をGUIという。
ユーザに対する情報の表示にグラフィックを多用し、大半の基礎的な操作をマウスなどによって行なうことができるユーザインターフェース。

HTML

Webページを記述するためのマークアップ言語

IT

ITとは、コンピューターや通信に関係のある技術の総称。
インフォメーションテクノロジー(情報技術)の略だが、かなり広い意味で使われる。
情報と聞くと、新聞に載っているような"情報"を思い浮かべるが、 この業界で言う情報とは「実際の情報」から人が見ても意味を持たないような「単純なデータ」などまでをさしていることが多い。
この場合も、「PC自体」や「データ通信」などを指す。
現在、TVがネットワークにつながったり、カーナビ、電話、そのほかの家電間でもが、インターネットにつながったりしている。
それほど、ITが重視されてきているということなのだ。
このように、PCやデータ通信に関係のあるものは非常に多くなっているので、ITというのもかなり広範囲になっている。
要するに、PC、携帯、ネットワーク、ゲームなどに関係ありそうな技術は全てITと呼んでしまっている。

JAVA(JAVA言語)

JavaScriptとは何の関係もない。
ネットワーク上で動作することを前提に考えられた、プログラム言語。
完全オブジェクト指向のプログラムしたもので、大人数で大規模開発に向いている。
java仮想マシン上で動作するため、どんなOSでも、携帯でも、洗濯機でもテレビでもどこでも動く
実際、携帯のアプリケーションは全てjavaで作られているし、yahooやgoogleや楽天、アマゾンその他金融機関などの動的なホームページコンテンツもjavaでプログラムされている。
(yahoo,アマゾンなどは最近PHPに乗り換えつつある)
通常のソフトはOSの上で動くが、
javaで作られたソフトは、
OS(Windows等)の上にjava仮想マシンが乗っておりその上で、ソフトが動く。

JavaScript(Ajax)

Webブラウザなどでの利用するスクリプト言語(簡易プログラミング言語)。
java(java言語)とは一切関係がない。
最近、googleをはじめ、Ajaxというjavaスクリプトからデータベースを呼び出して動作するアプリケーションが脚光を浴びている。
サーバー上で動作するわけではなく、ブラウザ上で動作するので操作した瞬間動作する。
(リロードやページ移動する必要がない)
ローカルのソフトのような感覚で操作できる。
Google Map等がある。
ただし、Ajaxは動作がブラウザに依存するので、サーバー上で動作するプログラムより安定性は低い。

LAN

専用ランケーブルや同軸ケーブル、光ファイバーなどを使って、同じ建物の中にあるコンピュータやプリンタその他のネットワーク対応機器などを接続し、データをやり取りするネットワーク。
この線でつながっているものだけが、LANの構成要素となる。
インターネットとは通常ルーターという機械(インターネットから見てLANへの出入り口+税関のような役割をするもの)を介して分離される。

OS

PCなどの基本ソフト。
たとえば、キーボードや、マウスや、画面の入出力に関する機能など基本的な機能をつかさどるソフト。
一般のPCなどのソフトウエアはこのOS上で動く。
Windows、マッキントッシュ、Linux、Unix等がこれにあたる。

php

Webサーバー上で動作するプログラム。
最近セキュリティも上がり、
オブジェクト指向が強まったため、台人数での大規模開発が可能になり、最も注目を浴びている、Web系のプログラム。

SEO(サーチエンジン最適化)

Googleや、Yahoo、MSNなどの検索エンジンで上位に行くための技術。
検索結果は、プログラムがWebページを訪れて、そのデータを登録しておく、そのホームページのhtmlの書き方によって、上位に来るか、下位にいくかがきまる。
その法則を分析して、なるべく上位に行くように記述する技術。

代表的なものは、リンクが多くされていることや(有名なページで無ければ難しい)、
表示されない文字を書いたり、無闇に検索語をホームページに挿入したりするとどんどん順位が下がる。
さらに、
W3Cに則って書くというのが代表的なやりかたでもある。
Google、Yahooなどは基準に沿っていないような怪しいページを、検索上位にはしたくはない。

W3C

WWWで利用される技術の標準化をすすめる団体。
企業、大学・研究所、個人などが集まって、インターネットに基準を決めようとしている。
インターネットの世界は、PC同士がつながっているというだけで、だれでも、自由に基準などなく何でもできる世界ある。
そこに、基準を決めようという活動を行っている。
めちゃくちゃな記述法で書かれたホームページは、何が起こるかわからないというわけなので、基準を決めないと自由すぎて、それを閲覧する、アプリケーション(ブラウザなど)もどう表示してよいかわからないレベルになってしまう。
最悪なときはウィルスにまで発展しかねない。
基準を決めなければ自由すぎてかえって何もできない世界になってしまう。
そこでこの団体が発足した。

SEOから見てもW3Cは効果的で、
わけのわからないホームページは何が起こるかわからないので安心して、検索結果には反映できないのだ。
有名な会社や有名人など(リンクの多い)のページは、W3Cに則っていなくても安心だろうということがいえるが、そうでない場合は、W3Cに準拠したページを作らなければ、検索エンジンで上位に行くのに高い料金を支払うことになる。

Webサービス

Web関連の技術を使いネットワーク上等でシステムの機能を使えるようにしたもの。
正確に言うと、現状は、SOAPと呼ばれるXML形式のプロトコルを用いメッセージの送受信を行う技術ということになっているが、SOAPでなければWebサービスでは無いというものではない。 Webサーバーかそれに近いものの上で動作し、ブラウザやそれに近いソフトウエア上で動作する。
使用目的は、
業務システム、企業間取引
また、インストールしなくてもネットワークにつながっているだけで使用できるソフトウエアとしても使用できる。

Webシステム

Webシステムという言葉に明確な定義はない。
ここで言うWebシステムとは、ウェブサーバー上で動くシステムのこと。
ブラウザから使用できる。
使用目的は、ホームページだけにとどまらず、業務システム、大規模Webサービスやその他のシステムへの応用も可能。
銀行振り込み、商品取引などさまざまな目的に使用される。

WWW

World Wide Web
インターネット等で標準的に用いられるドキュメントシステム。
インターネット網だと思っている人も多いが、本当はWeb上で認識されるテキストのこと。
リンクや、画像の位置情報、その他のファイルなどの位置情報等を持ったテキスト、ハイパーテキスト。
HTML等。
ハイパーテキストの解釈と表示はブラウザ(インターネットエクスプローラーなど)が行う。
WWW網とは世界中に網のように広がったテキストという意味になる。

オブジェクト指向

詳しく説明すると長くなるので省略する。
イメージは、
プログラム中の機能を1まとまりにする。
その機能は単体で動作し、その実行結果はオブジェクトという「もの」となる。
オブジェクトは、他の機能(プログラム)に受け渡しができる。
その「もの」の組み合わせや受け渡しの流れでプログラム全体を構成していく。
一応、機能ごとに単体で完結するため、複数の人で、手分けしてプログラムできる。
たとえば、車を作るのに職人が一人でこつこつ作るのではない、
いろいろな会社が集まって車を作る。
ねじ会社、生地会社、ゴム会社、システム会社、エンジン会社
それぞれの会社がタイヤという「もの(オブジェクト)」やシートという「もの(オブジェクト)」を提供して、車会社がまとめて「商品(プロジェクト、アプリケーション)」に仕上げる。
これがオブジェクト指向だ。

オープンソース

フリーソフト(無料ソフト)ではない。
ソースコードを、インターネットなどを通じて無償で公開し、誰でもそのソフトウェアの改良、再配布が行なえるようにすること。
また、そのようなソフトウェア。
ソースコードがあれば、そのソフトウェアを利用してそれを元に新商品を開発することもできる。
オープンソースにすることで、ソフトウェアのライセンス料はなくなってしまうが、世界中の人々が案を出し合ってくれるようになるので、一社で開発するより、優れたソフトウェアを作ることができというメリットがある。
良いソフトができれば企業の広告になる。

コンパイル

プログラムは英語のようなもので人間にわかるように、書かれているが、プログラムを動作させる機会が、その英語のようなものをいちいち解釈していたのでは、動作が遅くなる。
そこで、プログラム言語を機械語に翻訳(変換)する。
それをコンパイルという。

サーバー

クライアントコンピュータ(ユーザーが使用しているそれぞれのPC)やネットワーク対応機器に対し、自身の持っている機能やデータを提供するコンピュータのこと。

Webサーバー
データベースサーバー
ファイルサーバー

スタイルシート

スタイルシートとは、Webページのレイアウトやデザインを決めるもの。htmlファイルは文章の構成を決める。

ソリューション

データペース(情報)、PC、ネットワーク、ソフトウェア等を組み合わせて、総合的に
業務上の問題点の解決をしたり、要求をかなえる。

日本クリーンのITソリューションとは、さらに、実際はITにとらわれず総合的にお客様のサポートをできる精神を指している。

タグ

htmlなどマークアップ言語(ハイパーテキスト)等で‹›等で囲まれたもので実際には表示されないが、その間にかかれたものに特別な意味を持たせる。

たとえば「html」なら‹br›はそこで改行すると言うことをあらわし、‹title›日本クリーン‹/title›はその間に挟まれた文字列(ここでは「日本クリーン」がページのタイトルとなる。

データベース

データの集合。
広い意味では、
必要なデータを集めたもの全てをデータベースという。
その手段は紙でも、PCでも何でも良い。
狭い意味では、
PCやサーバー上にデータを溜め込んでおくアプリケーション。
SQLという専用の言語でデータを取り出せる。
Web上では、MySQL,PostgreSQLがほとんどのシェアを占めている。
(両方ともオープンソース
このサイトでは、後述のほうの意味で使用されている。

テーブルレイアウト

ホームページのデザイン、レイアウトをするのに、テーブル(‹table›‹tr›‹td›等のタグを使うもの)を使ってレイアウトをしているもの。
駄目な記述法の代表となる記述法
デザインを決めるのに非常に簡単な方法なので、作成者に技術がない時や趣味で作るときにのみ使われるデザイン法
W3Cではタグを使用してレイアウトを決めてはいけない。
デザイン、レイアウトはスタイルシートを使用する。
と決まっているので、テーブルは表以外に使用してはいけない。

ハイパーテキスト

文書の任意の場所に、他の文書ファイルがどこにあるのかという情報(ハイパーリンク)を埋めこみ、複数の文書を連結(リンク)できる文章の仕組み。

ブラウザ

インターネットエクスプローラーやファイアーフォックス、ネットスケープナビゲーター、サファリ、オペラなどのインターネットのページを閲覧するソフト(プログラム)。
正確にはウエブブラウザ。

フレームワーク

ソフトウエアを開発する際に良く使う機能の基本部分をあらかじめプログラミングして用意しているもの。
アプリケーションの雛形となる。

マークアップ言語

タグを使用し、文章の構造や、デザインなどを文章中に記述していく文章。

ミドルウエア

OSにはだれもが必ず使うような基本的な機能しかないため、もう少し専門的なソフトウエア用の基本機能を実装したOS上で動くソフトウエア。
専門ソフト用のOSのような機能を果たす。
OSが違ってもミドルウエアの機能を呼び出す命令が統一されていることが多いため、OSの違いを気にせずプログラムできるようになる。

メールフォーム(MailForm)

ホームページ上から、閲覧者に必要事項を入力してもらい、その内容をホームページ管理者にメールで送信するもの。
閲覧者本人に自動返信(リプライ)メールを送信するものもある。
さまざまな使い道があり、応用するとその守備範囲は非常に広範囲となる。
使用例としては、
・質問・ご意見フォーム
・申し込みフォーム
・アンケート
・ショッピングカート(他の機能と結合しています)
等があります。

リンク

文書内に埋め込まれた、他の文書や画像などがどこにおかれているのかを記述している部分。
たとえばリンクをクリックすると他の文章やページが表示されたりする。

ローカル環境

明確な定義はなくさまざまな意味合いで使われる。
ネットワーク上ではなく、PC単体のこと。
または、公開されているWeb上ではなくLan内のこと。